自作ビジネス名刺の問題点

ビジネスシーンで使用する名刺を自分で用意しなければいけなくなったとき、名刺を自分で作成するか、印刷会社などの名刺作成業者に依頼するかで迷う人は多いです。そしてこの2つの選択肢のうち、自分で作成するほうを選択する人の多くは、名刺にお金をかけたくないというのが主な理由です。今は100枚で500円以下など安価な名刺用紙が市販されており、無料の名刺作成ソフトもインターネット上で公開されていて、パソコンを操作してデザインテンプレートを選んで氏名などの文字を入力、レイアウトを決めてプリンタで印刷と、お金をかけずに簡単に自作の名刺が手に入るようになっています。

この方法で安く名刺を作成することは可能ですが、安さを追求する手作りの名刺は、どうしても質を犠牲にすることになってしまいます。たとえば紙の質。格安な市販の名刺用紙は薄く、簡単に折れ曲がったり、破れたり、色あせたりと、耐久性が低いだけでなく、受け取った相手に安っぽい名刺と思われてしまう可能性が高いです。また、無料の作成ソフトはデザインテンプレートが用意されているため、素人がデザインしたとは思われないクオリティの名刺は作成可能ですが、良くいえば好き嫌いがわかれにくいデザインのものが多く悪印象は持たれにくいのですが、悪くいえば受け取った相手には何の印象も持たれません。ソフトの操作は簡単ではありますが、この手のソフトを触った経験がない人では、慣れるまで作業では苦労してしまうでしょう。

安さを求めなければ別のページでも述べているように、自作名刺にもよさはあります。ただ、上記のような自作名刺の問題点を回避したいと感じた人は、業者への依頼をおすすめします。当サイトでは業者に依頼するメリットは業者選びの基準を解説していますので、興味のある方はぜひご一読ください。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket