業者選びの基準

業者にビジネス名刺の作成をお願いする場合でも、安さばかり追い求めてしまうと品質は犠牲になります。品質を大事にして、そのうえでほかの業者より安く名刺を販売してくれるところを探すほうが、業者に依頼する甲斐があるというものです

印刷会社などの名刺作成業者を選ぶ際の基準ですが、クオリティの高いデザインテンプレート、用紙、加工方法があるところに決めましょう。業者によって用意しているデザインテンプレートや用紙、オプション加工には違いがあるため、比較したいポイントのひとつです。人と同じが嫌だという人は、完全オリジナルに対応可能か確認しましょう。

ほかには、名刺が必要になるときまで時間の余裕がない人は、短納期で対応可能か確認しましょう。特に急いではいないけれど、あまり待たされるのは好きではないという人も、早く仕上げて発送してくれるところなのかどうかはチェックしておくことをおすすめします。

そのほか、人によっては小量だけ欲しいという人もいるでしょう。名刺作成業者の中には、ある程度まとまった枚数の発注でなければ作成を請け負ってくれないところも少なくありません。自分の希望する枚数で対応してくれるかどうかは、忘れずに確認しましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

業者に依頼する魅力

ビジネス名刺の作成を業者に依頼するメリットは、自作するよりハイクオリティな名刺が手に入ることです。耐久性に優れている、手触りがいい、重厚感がある、光沢感がある名刺用紙や、横折りや縦折りにできる名刺用紙もあります。また、さまざまな加工法があり、名刺の二角や四角を丸くする角丸、企業の名称や自分の氏名、会社やブランドのロゴなどを立体的に浮き上がらせる型押し、指定した箇所を切り抜いたり変形させたりする加工、金銀の特色インク、規格外サイズでの裁断などが可能です。業者が用意しているデザインテンプレートの中から選ぶだけでなく、要望を伝えて完全オリジナルの名刺作成に応じてくれる業者もあります。

クオリティの高い名刺の作成が可能なこと以外には、お得に購入することができるところも、業者に依頼するメリットのひとつです。まとめ買いをすることによってプライスダウンするところ、同じ名刺のリピート購入で安くするところなどがあります。また、ネット通販でかかる送料を無料にしてくれるところもあります。そのほか、業者に依頼すると届くまでに時間がかかると思っている人もいるでしょうが、早いところでは即日仕上げで即日発送の場合もあります。遅くとも、1週間以内に仕上げ、発送してくれる業者がほとんどです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

自作ビジネス名刺の魅力

市販の名刺用紙を使用して、自分でビジネス名刺を作成する場合、安さのみを追求するようなことをしなければ、魅力的なところもあります。ただし、下記内容をチェックしてみてやはり自作は駄目そうだ、自分にはハードルが高いと感じるようであれば、業者に名刺作成を依頼することをおすすめします。

まず、安価な名刺用紙に比べれば割高になりますが、厚みのある名刺用紙も市販されています。業者の高品質な名刺用紙には劣りますが、ペラペラな紙に比べれば安っぽさはなく、折れ曲がったり破れたりはしにくくなります。また、印刷品質に関しても高性能なプリンタを使用することによって高めることが可能です。しかし、そこまでするぐらいであれば、業者に頼むほうが安上がりになる場合がほとんどです。

ほかには、無料の名刺作成ソフトではありがちなデザインの名刺しか作成できないという問題がありますが、イラスト系ソフトを使用することにより、テンプレートを使用することなく独自にこだわったデザインの名刺を作成することが可能です。しかし、クオリティの高いデザインは一朝一夕でできるわけではなく、ソフトを自在に操る知識や技術だけでなく、デザインに関する知識や技術、さらにセンスが問われます。恐らく、ほとんどの人は名刺が必要になるときまでに、納得のいくものは作成できません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

自作ビジネス名刺の問題点

パソコンで名刺自作ビジネスシーンで使用する名刺を自分で用意しなければいけなくなったとき、名刺を自分で作成するか、印刷会社などの名刺作成業者に依頼するかで迷う人は多いです。
そしてこの2つの選択肢のうち、自分で作成するほうを選択する人の多くは、名刺にお金をかけたくないというのが主な理由です。
今は100枚で500円以下など安価な名刺用紙が市販されており、無料の名刺作成ソフトもインターネット上で公開されていて、パソコンを操作してデザインテンプレートを選んで氏名などの文字を入力、レイアウトを決めてプリンタで印刷と、お金をかけずに簡単に自作の名刺が手に入るようになっています。

この方法で安く名刺を作成することは可能ですが、安さを追求する手作りの名刺は、どうしても質を犠牲にすることになってしまいます。たとえば紙の質。格安な市販の名刺用紙は薄く、簡単に折れ曲がったり、破れたり、色あせたりと、耐久性が低いだけでなく、受け取った相手に安っぽい名刺と思われてしまう可能性が高いです。また、無料の作成ソフトはデザインテンプレートが用意されているため、素人がデザインしたとは思われないクオリティの名刺は作成可能ですが、良くいえば好き嫌いがわかれにくいデザインのものが多く悪印象は持たれにくいのですが、悪くいえば受け取った相手には何の印象も持たれません。ソフトの操作は簡単ではありますが、この手のソフトを触った経験がない人では、慣れるまで作業では苦労してしまうでしょう。

安さを求めなければ別のページでも述べているように、自作名刺にもよさはあります。ただ、上記のような自作名刺の問題点を回避したいと感じた人は、業者への依頼をおすすめします。当サイトでは業者に依頼するメリットは業者選びの基準を解説していますので、興味のある方はぜひご一読ください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket